妊娠線予防、クリームとオイルどっちがいい?【自分に合う選び方まとめ】

妊娠線を予防する目的でクリームやオイルが数多く販売されています。

『私はこのメーカーのクリームにした』
『あのオイルタイプを使った』

など評判もさまざま。結局どれを使おうか、迷いませんか?

この記事では『結局妊娠線を予防するにはクリームとオイルどっちが良いか?』をまとめてあります。

これから購入予定の方はぜひ最後まで読んでみてくださいね。

結論は…自分に合うのならどちらでもOK

乱暴な言い方かもしれませんが、「合えばクリームでもオイルでもどちらでもいい」んです。

ただ、現在の主流はどちらかと言えばクリームタイプの商品。

それはなぜか?をご説明しますね。

保湿ケアには力不足+敏感肌に刺激になることも&垂れたりして塗りにくい

オイルタイプの妊娠線ケア商品は、油分で肌をコーティングして乾燥を防ぎます。

なので、元々肌にうるおいがたっぷり!というタイプの妊婦さんにはバッチリです。

商品によってはキズの修復を助けるビタミン類が配合されているなど、できかかっている妊娠線のケアにも◎。

ただし、

  • 元々妊娠前にボディクリームを体に塗る習慣などが無い(ケアをしてこなかった)
  • 乾燥肌・アトピー肌

の妊婦さんには、あまり向いていません。

お化粧水や乳液を付けて顔を保湿ケアする人は多いですが、身体もせっせとボディクリームを塗ったりして保湿する人はそんなに多くないです。

したとしても露出することが多い腕や足、ひじやひざなど。

お腹って、そんなに保湿しなくないですか?

コーティング力が強いオイルを塗っても、うるおいがあまり無いと十分な保湿ケアになりません。

また、石油系の成分から作られた成分も多め(一部、ニベアなどはオイル成分がメインのクリームですが)。

妊娠中は肌がデリケートになるので、含有成分を少し気にした方が◎です。

単純に大きいお腹で動きにくい時には、垂れて塗りにくい・服に付くのがイヤという理由もあります。

クリームタイプは保湿力・浸透力が期待できる

妊娠線ケアのクリームは

  • 低刺激のものが多い
  • 適度な固さでマッサージしやすい
  • 乳化されているので浸透力が高く、真皮まで成分が届く

のが特徴。

クリームにも油分(水分を蒸発させないコーティング成分)は入っています。

ただオイルタイプと違い乳化されているので肌になじみやすいんですね。

液状では無いのでこぼれにくく扱いやすいのも支持される理由のひとつです。

自分の肌質、使い勝手を考えて選んでみてください。

投稿日:

Copyright© emr2017 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.